エリザベス女王杯を制したモズカッチャン(牝3、鮫島)は12日日曜の18時半頃に帰厩。一夜明けた13日もきょとんとした顔で力走の疲れを見せなかった。古川助手は「もっとクタッとしてるかな、と思ったんですけどね。朝、来てみて、いつもと変わらない感じでした」と驚く。

 オークス2着、秋華賞3着とあと1歩だった3歳戦の雪辱を、古馬との初対戦で見事に果たした。開業18年目の鮫島厩舎にとっては悲願の初G1だが、同助手は今年2月にトレセン入りしたばかり。「先生もこの馬に懸ける思いは強かったですから。僕はすごくない。馬がすごい」と控えめに笑った。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ