<エリザベス女王杯>◇12日=京都◇G1◇芝2200メートル◇3歳上牝◇出走18頭

 9番人気クロコスミアが首差2着で女王の座を逸した。

 単独の2番手で少し行きたがるしぐさも見せたが、直線入り口で先頭に立ってゴール間際まで抵抗した。16年ぶりのG1を逃した和田騎手は「よく頑張ってくれた。前半は力んでたけど止まってはいない。展開的にもいいペースだった」と悔しさを押し殺して振り返った。西浦師は「残念。勝った馬は内をぴったり回ってきた。あれで負けたら仕方ない」とねぎらった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ