<アイルランドT府中牝馬S:追い切り>

 土曜東京のアイルランドT府中牝馬S(G2、芝1800メートル、14日、1着馬にエリザベス女王杯優先出走権)の最終追い切りが11日、東西トレセンで行われた。3月にドバイターフを制した“世界女王”ヴィブロス(牝4、友道)は栗東坂路を4ハロン54秒7-12秒3で単走した。1週前まであらかた仕上げ終え当週はサラッと、が厩舎の主流。友道師は「予定通り。夏場もうまく過ごせたし、厩舎に来てからも順調だった」と過程に納得する。

 衝撃を再び。前走は馬群を縫って伸び、牡馬を差し置いてドバイの主役になった。馬体重の大幅な変化はないが、背が伸び馬体にはめりはりができた。1週前追いにはルメール騎手が騎乗し「(前走騎乗の)モレイラと同じことを言っていたよ。体の割にストライドが大きいと」と友道師は打ち明ける。ここからエリザベス女王杯へとローテを早めに固め、狙いを絞った秋。牝馬相手に不覚は取れない。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ