京都競馬場では15日、牝馬3冠最終戦の秋華賞(G1、芝2000メートル)が行われる。

 デビューから無傷の3連勝のリカビトスが初G1に挑む。着差はわずかでも、すべて最速上がりで差し切ってきた末脚は大きな武器だ。坂路1本の調整を見届けた奥村武師は「体つきの変化はないが、追った後の回復が早くなっている。体がしっかりしてきた。浜中騎手には、秋華賞と相性がいいのも込みで依頼しました」と話す。無敗馬+秋華賞2勝ジョッキーのコンビは魅力にあふれている。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ