<マイルCS南部杯>◇9日=盛岡◇統一G1◇ダート1600メートル◇3歳上◇出走16頭

 田辺裕信騎手(33)が手綱を取ったコパノリッキー(牡7、村山)が連覇を飾り、ホッコータルマエに並ぶ史上2頭目のG1・10勝を成し遂げた。勝ちタイムは1分34秒9。3番手から抜け出し、1番人気に応える4馬身差V。レース後には来春からの種牡馬入りも発表された。次走のチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル、12月3日=中京)で単独トップのG1・11勝目を狙う。

 田辺が後ろを振り返ることもないまま、後続との差だけが広がっていった。薄雲を夕日が赤く染める盛岡で、コパノリッキーがスピードに乗った。直線は3番手から抜け出すと、1頭だけその伸び脚が際立っていた。ゴールと同時に鞍上が小さく右手を振り上げた。驚異のレコードをマークした昨年に負けないインパクトで、史上2頭目のG1・10勝を達成した。

 かつてしのぎを削ったホッコータルマエの大記録に、連覇で並んだ。コンビを組んでの盛岡G1は3戦3勝。田辺は「先行しようと思って自分の欲しい位置が取れた。十分に脚をためられた。見たまんま、強いですね」とただただ笑顔。村山師は「正直、もうひと追いほしいぐらいの仕上がりだった」と急仕上げを認めつつ、「4角を回るときにリッキーらしい走りをしていると思った」と勝利の予感を感じ取った。2着ノボバカラに付けた着差は4馬身。底力でもぎ取った10個目の勲章だった。

 次は歴史をつくる。次走のチャンピオンズCで単独トップのG1・11勝目を目指す。Drコパこと小林祥晃オーナーは「今日はG1・10勝の記録に並ぶために、なんとしても勝ちたかった。なんとかもう1つ、勝たせてあげたいな」と親心をのぞかせた。この日のレース後、来春の種牡馬入りが発表された。残されたチャンスもあとわずか。現役を退くその日まで、勝利を追い求めていく。【松田直樹】

 ◆南部杯の1番人気 コパノリッキーは単勝3・1倍の1番人気に応えて連覇を飾った(ちなみに昨年の単オッズは1・8倍=1番人気)。14年ベストウォーリアから、1番人気は4連勝となった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ