<毎日王冠>◇8日=東京◇G2◇芝1800メートル◇3歳上◇出走12頭

 サトノアラジン(牡6、池江)はリアルスティールを追うように外から伸びた。上がりは最速タイの32秒6。ゴールでは首差届かなかったが、距離延長にも対応して上々の内容だ。

 川田騎手は「1800メートルでも上手に走ってくれた。G1馬として恥ずかしくない競馬をしてくれたと思います」と評価。道中は少しハミをかんだが、池江師は「許容範囲。次につながる競馬はできた」と天皇賞・秋での逆転を狙う。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ