<毎日王冠>◇8日=東京◇G2◇芝1800メートル◇3歳上◇出走12頭

 古馬、牡馬を相手に1番人気に推されたオークス馬ソウルスターリング(牝3、藤沢和)だが、まさかの8着に沈んだ。

 スタート直後は各馬様子見の展開。最内枠でもあり、仕方なくハナを切る形になった。道中は折り合っているように見えたが、直線でダイワキャグニーに並ばれてからの反応がなかった。残り1ハロンでは完全に勝負圏から脱落。

 ルメール騎手は「スタート前はちょっとテンションが高かったが、レースはマイペースで運べたと思う。でも、直線で長くいい脚を使えなかった。1800メートルは少し忙しいかも」とうなだれた。藤沢和師も「やっぱり古馬は強いね。(ハナを切らされたのは)競馬だから仕方ない。この後、状態が良ければ天皇賞へ行きます」と巻き返しを誓った。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ