<柏山自夢・MyDream:オパールS>

 負けてなお、能力の光る競馬はある。もしG1の舞台でそんなことができる馬がいれば末恐ろしいが・・・。

 ◆東京11R毎日王冠 今年は、いた。◎グレーターロンドンだ。前走安田記念の直線半ば、前が開いた一瞬の隙を逃さず、馬群を割った。外差しの利く馬場でしまいは止まったが、堂々の4着。重賞初挑戦だったとは思えない内容だ。勝ったサトノアラジンとは今回2キロの重量差。いきなり逆転がある。単勝(7)。馬連(7)-(1)(2)(8)(12)。

 ◆京都11RオパールS ◎イッテツ。斎藤誠厩舎は16年以降、京都芝1200~1600メートルで連対率40・0%と遠征を実らせている。スプリンターズS3着のワンスインナムーン、重賞勝ち馬トーキングドラムとの「快速三銃士」結成へ。名手武豊が幻惑の逃げで逆転を呼ぶ。単複(5)。馬連(5)-(7)(12)(13)(1)。(大阪駐在)

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ