<セントライト記念:追い切り>

 菊花賞トライアル、セントライト記念(G2、芝2200メートル、18日=中山、3着までに優先出走権)の最終追い切りが13日、東西トレセンで行われた。全5戦中4戦で上がり最速の切れ者ミッキースワロー(牡3、菊沢)は美浦ウッドで併せ馬を消化。実戦さながらの出入りのある調整でも、きっちりと先着した。

 ミッキースワローが実戦を想定した変則追いで態勢を整えた。菊沢師を背にした最終追い。美浦ウッドでトーセンミッション(古馬1000万)を2馬身先行する形でスタートしたが、残り4ハロン地点で僚馬に先手を譲った。出入りのある形となっても力むことはない。直線で再び前に出ると、そのまま2馬身先着した。悠然と道中を運び、ラストも脚を伸ばした。

 5ハロン67秒4-12秒8。「十分ですね」。菊沢師は時計を確認し、にやりと笑った。「折り合わないタイプじゃないけど、中団でまくってくる馬もいるからその練習。わざと併走馬を半マイルから行かせた。優秀でした」。月曜競馬ながら水曜追いを消化したのも、馬体の回復と気持ちが高ぶりすぎるのを防ぐため。先週までは2週続けて古馬オープンと併走を課すなど、策をちりばめて秋初戦に備えてきた。

 中山芝2200メートルは未勝利を3馬身半差で圧勝した舞台。出走馬で唯一、勝ち星があるだけにコース実績は頼もしい。菊沢師は「今は芯が入ってきた感じ。あとはメンバー次第」と皐月賞馬以下に真っ向勝負を挑む構えだ。鞍上もこの春にアエロリットでG1初勝利を届けてくれた義兄・横山典にスイッチ。策士タッグが3歳勢力図を塗り替えにいく。【松田直樹】

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ