<ローズS:追い切り>

 牝馬ながら挑んだ皐月賞で1番人気(7着)に推されたファンディーナ(高野)は、坂路の2本目に4ハロン55秒0-12秒4をマーク。

 併入したタイセイレガシー(3歳未勝利)と比べると、完歩の大きさの違いが際立ち、大跳びで雄大なフットワークは良く見えた。

 高野師は「やり過ぎないように指示した。きっちり併せて手応えは良かった。秋華賞を見据えた仕上げだけど、春先よりもコンディションはいい。次へつながる競馬をしてくれれば」と話した。調教量が不足しているのは否めないが、デビューから3連勝した高い能力は折り紙付き。牝馬同士、3戦3勝の1800メートルなら巻き返しがある。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ