<コリアスプリント>◇10日=ソウル◇韓国G1◇ダート1200メートル◇出走15頭

 日本から参戦したグレイスフルリープ(牡7、橋口)が韓国G1制覇を果たし、武豊騎手(48)は韓国初騎乗初勝利を飾った。勝ち時計は1分10秒7。道中は手応え良く2番手につけると、直線は残り300メートルで先頭へ。そのまま後続を振り切った。

 終わってみれば、2着馬に1馬身3/4差をつける完勝劇。鞍上も「馬の状態が良く、スタートが決まったのが大きかった。理想的な展開にすることができた。韓国で初めて勝てた。僕自身も韓国が大好き。勝ててうれしい」と、会心のレースと自身の初Vに笑顔をはじけさせた。一方、管理する橋口慎介師(42)もこれが海外重賞初制覇。「海外で大きなレースに勝ててうれしいです。スタッフが感激する顔を見て、本当に良かったと実感しました」と喜びに浸った。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ