<フォワ賞>◇10日(日本時間11日)=仏シャンティイ◇G2◇芝2400メートル◇4歳上◇出走6頭◇1着賞金7万4100ユーロ(約963万円)

 サトノダイヤモンド(牡4、池江)が海外初戦で4着に敗れた。道中は2番手につけて手応え良く直線を向いたが、本来の伸びが見られず、デビュー以来最低の着順に終わった。同舞台で行われる凱旋門賞へ向けて、思わぬつまずきとなった。

 芝は重馬場で、脚が地を蹴るたびに、こぶし大の芝のかたまりが後方へ上がった。レース前にルメール騎手は「大きな馬だけど、ディープインパクトの子だし(欧州の)重い馬場でどうかは分からない」と懸念していた。その心配が現実となってしまったのか? 本番へ課題を残す結果となった。

 勝ったのはドイツのチンギスシークレット(牡4)で、勝ち時計は2分35秒86。サトノノブレス(牡7)はハナを切ったものの6着。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ