G1・2勝馬サトノダイヤモンド(牡4、池江)が今日10日深夜、凱旋門賞と同舞台の前哨戦、フォワ賞(G2、芝2400メートル、仏シャンティイ)で海外デビューを果たす。前日9日は、同レースに出走する僚馬サトノノブレス(牡7)とともに、坂路(ダート)でハッキングとキャンターを1000メートルずつ行った。

 池江師は「ここまで順調に来ています。あとは初めてのヨーロッパの馬場でどのくらい適性を見せてくれるかと、本番に向けて待機馬房や装鞍(そうあん)所といった施設に慣れてもらえたらと思っています」とコメントした。なお、日本での馬券発売は行われない。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ