阪神競馬場で春のG1シリーズを締めくくる宝塚記念(G1、芝2200メートル、25日)が行われる。

 重馬場歓迎のサトノクラウン(牡5、堀)は、梅雨時季でよりチャンスが膨らむ。前走の大阪杯は3番人気の支持を集めたが、やや距離不足だったことに加え、高速決着に泣いて6着に終わった。

 森助手は「この馬の力は出し切ったと思うが、2000メートルの適性で上位馬と差があった感じ。道悪は苦にしないので馬場が重くなってもいいし、今回距離が延びるのもいい」とプラス面を口にする。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ