<宝塚記念:1週前追い切り>

 天皇賞・春2着から逆転を狙うシュヴァルグラン(牡5、友道)は、栗東Cウッドで追い切った。

 1600万クラスのアドマイヤロケットを3馬身追走し半馬身遅れたが、騎乗した福永騎手は「この馬の場合は、順調に調教を消化することが重要」と意に介さず。「前走はキタサン(ブラック)に迫って感動すら覚える走り。今年に入ってもう1段階良くなってる」と成長ぶりに好感触だった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ