黄梅賞と忘れな草賞を連勝したハローユニコーン(鮫島)は角馬場からCウッドで最終調整を行った。「テンションも上がっていないし、変わらず順調にきています」と鮫島師。

 今回でデビュー9戦目と、経験も豊富だ。「長距離輸送だけど、あっちこっち行っているから問題ない。うまく乗ってくれたら」と初のG1舞台でも一発を狙っていた。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ