牝馬クラシック第2弾オークス(G1、芝2400メートル、21日=東京)の枠順が18日、確定した。

 6分の1の難関を突破したのはフローラS5着のレッドコルディスだった。「すごいですね! びっくりしました」と中塚助手。6枠(11)番の枠にも「外すぎないし、流れに乗りやすいところ」と笑顔だった。

 1週前追いは坂路で4ハロン50秒8と絶好の動き。17日の最終リハはCウッドで僚馬バプティシア(3歳未勝利)と併せて、4ハロン51秒8-12秒2で半馬身先着した。「元気がいいし、毛づやも良くなっています。体形的にも距離延長は大丈夫だと思いますよ」。抽選突破の強運を味方に、クラシックの舞台でも一発に期待だ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ