<追い斬り激論・美浦編:オークス>

 オークス(G1、芝2400メートル、21日=東京)の「追い斬り激論」は特別編でお届けする。まずは、美浦から桜花賞で初黒星を喫したソウルスターリング(藤沢和)。東京本紙高木、「前哨戦その一瞬」水島、「帝王」木南が2歳女王の逆襲があるのか分析する。

 高木 荒れる春の起点は桜花賞のソウルスターリングの敗戦だった。でも、力負けだと思ってないし、今回はあっさり勝つと思う。

 木南 最終追い切りは外ラユロット(3歳500万)、中シンボリバーグ(同)の内に入って、ゴール前で馬体を並べる形。時計は目立つものではないけど、ほとんど持ったままで、直線の加速は本当にすごい。漆黒の毛色も含めて馬の美しさは別格です。

 高木 指示についてはルメールが「先生(藤沢和師)に『お任せ』って言われた。軽い内容だけど、自分から動いていた。とてもいい感じ」と言っていた。

 水島 ビシッとやるわけではないので、藤沢和厩舎の調教は難しい。スーッと伸びて動きはよく見えた。その中で騎手を乗せた点が今回はポイントだと思う。テンションが上がってしまうと問題だけど、レースが近づくのを馬が感じてピリッとさせる利点は大きい。

 高木 短期放牧を挟んで、速い時計を出すのではなく、丁寧に乗り込んできた。これまでと同じ藤沢和流です。距離を意識した調教は必要がない。折り合いが大事ということ。桜花賞は外枠だったこともあって大事に乗りすぎたと思う。今回はルメールの感触がいいし、「前の馬の後ろがベストポジション。後ろすぎはよくない」と好位抜け出しで迷いがなさそうなんだ。今度こそなんだよ。

 木南 「東京は広いし、直線が長い。ベストホースが勝てる」と。ただ、距離について前向きな言葉が出なかった。「いける“かも”」という表現が多かったです。ダービーのレイデオロは「能力があるから距離は全然問題ない」って断言してたのに比べると・・・。

 水島 前走の敗戦は右回りが影響したのではないかと思う。阪神JFは内ラチ沿いを走ってラチを頼れたけど、チューリップ賞の直線は内にモタれたように見えた。馬場の真ん中を走った前走は内にモタれ気味で伸び切れなかったというのが俺の考え。左回りの府中はプラスじゃないか。

 木南 フランケル自身は驚異的な瞬発力が武器だった。桜は大跳びの走法とは別に「血統的にも道悪がよくなかった」と分析しました。良の府中なら違うと。でも、ちょっと考え方を変えた。ソウルはあくまで産駒なだけ。怪物フランケルじゃない。

 高木 おい、評価を下方修正か。フランケルの引退戦を見に行ったんだろ。

 木南 フランケルは2歳のときも強かったけど、3歳春の英2000ギニー(日本の皐月賞)で化け物になって、4歳で伝説的な強さを持った名馬になった。ただ、世界でも父ほど圧倒的な強さを持った産駒は出ていない。ソウルは「いい馬」だけど、2歳のときに感じた「いい馬」とあまり変わってないんです。レースぶりも父がぶっちぎるタイプだったのに対し、優等生。距離についても今は疑ってかかるべきかと。

 水島 春の嵐はまだまだ続く雰囲気もあるね。

 高木 個人的にはソウルから相手探しの一戦です。

 木南 自分もオークスは大好きなG1なので、なんとか当てたいところです。まずは軸馬探しですが・・・。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ