<追い斬り激論・栗東編:オークス>

 オークス(G1、芝2400メートル、21日=東京)の「追い斬り激論」は特別編でお届けする。栗東からは極ウマが誇る女性記者が登場。辻敦子は桜花賞馬レーヌミノル(本田)を、福娘平本はクイーンCの覇者アドマイヤミヤビ(友道)をプッシュした。

 平本 有力馬目白押しの栗東では、私たち2人の激論ですか。私は桜花賞で番記者を務めながら豪快にハズしてもーたわ。それにひきかえ辻敦子サマは・・・。

 辻 レーヌミノル本命で会心のヒットでした! オークスで2冠の可能性は十分あると思っていますよ。

 平本 えええ~、さすがに距離が長いんちゃうん? 桜花賞の後はNHKマイルCに行く選択肢もあったぐらいだし。

 辻 いえ、今日の追い切りを見て2400メートルはもつんじゃないかって思いました。Cウッドでメイショウカシュウ(古馬1000万)を前に置いての併せ馬で、6ハロン83秒7-13秒0で1馬身半先着。遅いペースでもすごくリラックスして走れていましたよ。

 平本 確かに落ち着いてるよね。普通、3歳牝馬でこれだけ使ってきたら精神的にイライラしてきてもおかしくないもん。

 辻 中井助手も「今までで一番乗りやすかった」と。今は心に余裕があるらしいので、レースでもリラックスして走れると思います。桜花賞より状態もいいみたい。

 平本 本田師も「いい意味でいらない肉が取れて、大人っぽい体になってきた」って。短期間で成長出来るのはさすがG1ホースやね。でも私はやっぱり距離不安がぬぐえんわ~。この舞台が一番合うのはアドマイヤミヤビやと思う。

 辻 平本さん桜花賞でも本命打ってましたもんね。

 平本 能力はG1級だと思ってるよ。今朝は坂路を単走で4ハロン55秒0-13秒6。スムーズな動きだったし気配は変わらずきているよ。クイーンCを勝った後、ルメール騎手も「オークス向き」って言っていたぐらい2400メートルはぴったり。東京で2戦2勝とコース相性も抜群だしね。「競馬場に1泊した方が落ち着くし、この馬には合っている」と島助手も言ってた。何よりミヤビってルックスがかわいいやん■また本命を打つかも。

 辻 かわいさでもレーヌは負けてません。この写真見てください。馬房で寝てるところを撮ったんですけど、めちゃかわいくないですか?

 平本 おお、これはなかなかの“破壊力”やな・・・。私もレーヌ本命にしよかな。

 辻 平本さんブレブレじゃないですか!?

※■はハートマーク

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ