<ヴィクトリアマイル>◇14日=東京◇G1◇芝1600メートル◇4歳上牝◇出走17頭

 絶好調男に導かれ、新女王が誕生した。クリストフ・ルメール騎手(37)が騎乗した6番人気アドマイヤリード(牝4、須貝)が重賞初勝利をG1制覇で飾った。

 アドマイヤリードの生産者ノーザンファームは、先週のNHKマイルC(アエロリット)に続く2週連続G1勝利となった。育成を手がけた日下和博調教主任は「シンハライトやヴィブロスに比べても動きが目立っていて、能力は世代でも抜けている感じでした。それを証明できてよかったです」と笑顔。2歳の半妹カレンシリエージョ(牝、鈴木孝、父ハービンジャー)も「期待できると思います」と将来を嘱望されている。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ