<第143回ケンタッキーダービー>◇6日=チャーチルダウンズ(アメリカ)◇G1◇ダート2000メートル◇3歳◇出走20頭

 J・ヴェラスケス騎手が手綱を取ったオールウェイズドリーミング(牡3、T・プレッチャー、父ボードマイスター)が米3冠初戦を制した。水の浮いた馬場で行われ、勝ちタイムは2分3秒59。

 好スタートから2番手を進み、3コーナー手前では抑えきれない手応えで先頭へ。直線は後続を引き離しての独走だった。管理するT・プレッチャー師は10年スーパーセイバー以来2度目の勝利。騎乗したヴェラスケス騎手も11年アニマルキングダム以来2度目の勝利となった。

 2馬身4分の3差2着は内ラチ沿いから進出してきたルッキンアットリー。3着はバトルオブミッドウェーだった。ドバイのUAEダービーで日本のエピカリスと首差の激闘を演じたサンダースノーはスタート直後に頭を上げて馬群についていけず、競走を中止している。

 オールウェイズドリーミングの父ボードマイスターはエンパイアメーカー産駒。12年のケンタッキーダービー、プリークネスSはいずれもアイルハヴアナザーの2着に敗れていた。3冠競走の第2戦、プリークネスS(G1、ダート1900メートル)は20日にピムリコ競馬場で行われる。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ