<天皇賞・春>◇4月30日=京都◇G1◇芝3200メートル◇4歳上◇出走17頭

 武豊騎手(48)騎乗の1番人気キタサンブラック(牡5、清水久)が現役最強を証明した。4角先頭から押し切り、史上4頭目の連覇でG1・5勝目。鞍上も史上初の同一G1・8勝で「平成の盾男」の存在感を見せつけた。

 武豊騎手のJRA・G1勝利は、大阪杯に続く今年2勝目で通算73勝目。重賞は大阪杯に続く今年5勝目で、通算315勝目。また天皇賞・春は昨年キタサンブラックで制したのに続く2年連続8勝目。89~92年は4連覇も達成しており、自身のJRA・G1勝利の中でも最多。天皇賞・春8勝、春秋合わせて13勝はともに単独トップ。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ