<マイラーズC:追い切り>

 イスラボニータ(牡6、栗田博)は美浦ウッドで5、6馬身先行するトウショウスレッジ(古馬500万)を目標にスタート。

 流れるようなフットワークで直線に向くと、内に進路を取ってシャープに伸びた。5ハロン68秒2-38秒2(馬なり)で首差先着。放牧から戻って1カ月半。じっくり体をつくってきた成果が感じられた。栗田博師は「余力があっていい動きだね。今回は本腰を入れて息をつくり、仕上げてきた。馬体重は変わらないが、精神的にどっしりした感じがする。2着続きの流れを断ち切りたいので」と前哨戦から全力で勝ちにいく。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ