昨年の天皇賞・春で鼻差2着のカレンミロティック(せん9、平田)は、左前脚の裂蹄で回避が決まった。この日の追い切り後に判明。

 平田師は「(出走予定だった)阪神大賞典の前に受傷して、治まってはいたけど・・・。ひどくはないけど、G1に使える状態とはいえない。断腸の思いで決めた」と説明した。放牧に出される予定。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ