<厩舎別注目2歳馬:手塚厩舎>

 6月から始まる2歳戦を前に、日刊スポーツでは今日19日から毎週水曜付で「POG2017厩舎別注目2歳馬」を連載する。新種牡馬オルフェーヴルやロードカナロアの初年度産駒が話題を集めるなか、カナロア産駒の白毛馬ユキチャンの15(牝)が入厩予定の美浦・手塚厩舎も要チェックだ。

 関東の手塚厩舎にも注目の新種牡馬産駒がいる。まずはロードカナロア産駒、ユキチャンの15(牝、馬名予定ハウナニ)。手塚師も「すごく順調。白毛のムキムキ。丈夫そうだし、性格もきつくない。ダート、芝問わずに走ってくれそう。マイル前後で使ってみたい」と、白毛のアイドル候補生のデビューを心待ちにする。同じ父のサイレントソニックの15(牝、馬名予定サラドリーム)も仕上がりは早そう。「早めに使いたい。1歳時は体高がなくてどうかと思ったけれど、馬体が成長した。これはお薦め」と期待は大きい。

 オルフェーヴル産駒のウィキッドリーパーフェクトの15(牝、馬名予定ウィキッドアイズ)は同厩舎のオープン馬ハートレーの半妹で、秋口のデビューを予定する。師も「兄もいい体だが、妹も負けていない。490キロぐらいあって、品のある体つき」と絶賛だ。【三上広隆】

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ