春の京都開幕の日曜日メインはマイラーズC(G2、芝1600メートル、23日、1着馬に安田記念優先出走権)で、イスラボニータ(牡6、栗田博)は14年9月セントライト記念以来の勝利に向けしっかり調整できている。

 1週前追い切りは併せ遅れの形になったものの、動き自体は軽快。栗田博師は「稽古では少しずるい面を出すようになっているね。でも1週前としては上々の動き。変にテンションが上がってないのはいい」と話す。昨秋はマイルCSを含め3戦連続2着に泣いたが、今年こそ1着ラッシュといきたい。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ