史上最多の日本馬11頭が世界の強豪に挑むドバイ国際競走が25日に、メイダン競馬場で行われる。

 ターフ(G1、芝1800メートル)では、昨年覇者のリアルスティール(牡5、矢作)が連覇を目指す。20日は2度目のドバイ遠征ということもあって、慣れた様子でダートを流した。安藤助手は「1周をキャンターでその後にスクーリングをしました。状態もいい」。ヴィブロス(牝4、友道)も同じくダートをキャンター。安田助手は「到着後の状態は変わりなくいいです」と話した。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ