史上最多の日本馬11頭が世界の強豪に挑むドバイ国際競走が25日に、メイダン競馬場で行われる。

 ワールドC(G1、ダート2000メートル)に出走するフェブラリーS優勝馬ゴールドドリーム(牡4、平田)は20日、ダートを1周半。ドバイ入り後は一時的に体調を落としたが、大舞台に向けて調子を上げてきた。木下厩務員は「到着したときはきつかったけど、良くなって今は元気。順調だよ」と話した。また、アポロケンタッキー(牡5、山内)はこの日、馬場入りをしなかった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ