朝日杯FSの2連覇がかかる角居厩舎から出走するクリアザトラック(牡、角居)は7分の4の抽選をクリア。

 「子どもっぽいところもあったけど、デビュー戦は強かったし、いい脚を使ってくれた。血統もいいし、能力がある」と新馬勝ちに導いたM・デムーロ騎手も評価。今回が2戦目で、まだ底を見せていない。14日の最終追いは芝コースで行われた。単走で6ハロン82秒9-12秒8。騎乗した前川助手は「ガス抜き程度にさっと流した。ここに向けてしっかりと仕上げられた」と納得の表情だった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ