高松宮記念(G1、芝1200メートル、27日=中京)の有力馬だったダンスディレクター(牡6、笹田)が23日、左前脚の歩様の乱れから出走を回避することになった。

 「今朝、調教時に乗り手から違和感があるという報告があったので、診療所でみてもらった。午後にエコー検査をする予定。まだ症状の詳細はわかりませんが、大きいところを狙う馬でもあり、無理はしないことにしました」と笹田師。高松宮記念の有力馬の回避は、連覇が懸かっていた香港のエアロヴェロシティに続いて2頭目。ブラヴィッシモ(牡4、須貝)が繰り上がり、横山典騎手で出走する。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ