昨年の皐月賞、ダービーを制した2冠馬で2月28日の中山記念を快勝したドゥラメンテ(牡4、堀)はドバイ遠征へ向けて調整していくことが3日、サンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。

 目標はドバイシーマクラシック(G1、芝2410メートル、3月26日=メイダン)で鞍上は引き続きM・デムーロで臨む。

 両前橈骨(とうこつ)遠位端骨折でダービー以来9カ月ぶりの実戦だった中山記念を快勝。その後の状態を見て、関係者が協議し、遠征へゴーサインが出た。

 シーマクラシックは過去に01年ステイゴールド、06年ハーツクライ、14年ジェンティルドンナが勝利を挙げている。

 今年は昨年のキングジョージ覇者ポストポンド、香港ヴァーズを制したハイランドリールなどの出走が見込まれており、ドゥラメンテを含めた3頭が中心になる。秋には日本馬初の凱旋門賞制覇を期待されるスターホースが世界の舞台へ打って出る。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ