記者予想

乗れる男

思わず口ずさみそうなフナウタ/小倉12R

 【小倉12R】歌手八代亜紀の名曲を歌い出してしまいそうなフナウタに勝機が来た。

 18頭立てで17頭が休み明けとは珍しい。フナウタだけがたたき2戦目。順調度では他馬より大きなアドバンテージがある。4カ月ぶりの前走は好位から伸びて2着に好走した。栗東坂路での最終追いは馬なりで4ハロン55秒2-12秒3。ラストの反応が良く、型通りに良化した。

 馬連(15)から(16)(13)(3)(1)(5)(7)(12)(18)。

 [2018年02月11日更新]

記者イラスト
久野朗
久野朗(くの・あきら)1969年(昭和44年)9月14日、東京都生まれ。92年入社以来、整理部やスポーツ部などさまざまな部署を渡り歩く。95年10〜12月に異例の3か月レンタル移籍で競馬記者を経験も無念の自由契約。17年11月、正式に競馬班に加入。趣味の乗馬は障害ライセンスを持ち、高さ1メートルの障害を飛ぶ。20年以上続けている一口馬主は、通算勝利数が100を超える。

記者予想

一覧へ