記者予想

ひみつのアツコちゃん

デューク一発ある/関屋記念

 【新潟11R・関屋記念】トーセンデュークを狙う。3走前には中京でレコード勝ち。時計が速くなっても対応できるタイプだ。毎回勝ち馬とは大きな差がない。前走は初めての1200メートルで追走に苦労したものの、しまいはしっかり差を詰めた。1600メートルは条件として良く、新潟でも勝っている実績がある。しまいが生きる流れなら一発を狙える。3連複(4)1頭軸(12)(6)(11)(9)(10)(14)(15)へ。

 [2017年08月12日更新]

記者イラスト
辻敦子
辻敦子(つじ・あつこ)。1990年(平2)12月28日、岐阜県美濃市生まれ。13年に入社し、サッカー担当に配属。14年9月から競馬記者となり「万券娘」を目指して勉強中。趣味はピアノとラーメン店を巡ること。昨秋は菊花賞では9番人気のレインボーラインに◎を打ち、3連複1万7550円、ジャパンCでは5番人気サウンズオブアースに◎で3連単3万6260円をズバリ。

記者予想

一覧へ