記者予想

是非に及ばず

久々でもタマモワカサマ/春麗JS

 【東京8R・春麗JS】1年ぶりでも障害センス抜群のタマモワカサマを狙い撃つ。脚部不安で復帰は遅れたが、栗東に帰厩後は平沢騎手が付きっきりで稽古に騎乗。7日に坂路で4ハロン53秒7-39秒0-12秒7を馬なりでマークと仕上がりは悪くない。2戦目のオープン牛若丸JSで勝ち馬とタイム差なしの2着。潜在能力は重賞級だ。五十嵐助手も「飛越センスがいい。キャリアは浅いけど、楽しみはある」と力が入っていた。久々で人気を下げている今回が狙い目とみた。馬連(1)から(13)(5)(8)(6)。

 [2018年02月11日更新]

記者イラスト
山田準
山田準(やまだ・じゅん)1967年(昭和42年)5月20日、埼玉県生まれ。90年入社。レース部〜秋田分室〜青森支局〜スポーツ部〜企画事業本部〜文化社会部〜レース部。趣味はマージャン、城巡り、裁判傍聴。夢は「賭け事のない世界に行きたい」。タイトルの「是非に及ばず」は、ギャンブルの結果にあれこれ言っても仕方ない→勝っても負けても気持ち良くの意味。

記者予想

一覧へ