記者予想

岡山俊明の自信度A

充実ジンソクが重賞初制覇/エルムS

 【札幌11R・エルムS】楽勝続きのテイエムジンソクが重賞初制覇を飾る。2着や3着の惜敗が多かった馬が、春の休養と手替わりで別馬に変身。東大路Sが4馬身差、大沼Sも4馬身差、そして前走マリーンSが5馬身差と、充実ぶりを見せつけている。湿ったダートの実績もあり、別定56キロも有利。G1への足掛かりとしたい。

 相手は古豪クリノスターオー。このレースは4年連続の参戦で、14年2着(頭差)15年4着(0秒3差)16年2着(首差)と常に善戦している。前走マーキュリーC(3着)で久々に着用したブリンカー効果も大きく、馬券圏内に絡んで来よう。3連複(4)(11)から(1)(2)(5)(9)(10)(12)へ計6点。

 [2017年08月12日更新]

記者イラスト
岡山俊明
岡山俊明(おかやま・としあき)1965年(昭和40年)1月21日、東京都生まれ。大学では競馬研究会で競馬新聞作りにいそしみ、今は仕事として競馬面の編集、取材に携わる。好きな馬はサクラユタカオー。シンボリルドルフは神。

記者予想

一覧へ