記者予想

木南友輔のこの馬キナさい!

内枠レッドシャーロットに期待/フィリーズR

 【阪神11R・フィリーズレビュー】フィリーズレビューが日曜に行われることは慣れているが、土曜に行われる中山牝馬Sを取材したのは今年が初めて。ちょっと感覚が狂う。

 ◎レッドシャーロットは1週前の栗東坂路でラスト2ハロンを11秒9-11秒8で駆け上がった。今週の時計は目立たないが、引っ張りきりの手応え。状態は抜群に見える。内枠からロスなく立ち回れば、ゴール前強襲があるのでは。馬連(4)から(1)(7)(2)(5)(9)(10)(14)。

 [2018年03月10日更新]

記者イラスト
木南友輔
木南友輔(きなみ・ゆうすけ)1980年(昭和55年)8月6日、東京都生まれ。慶大卒。幼少時から実家で購読していたのはスポーツ新聞のみ。スポーツ新聞に育てられ、毎朝読むスポーツ新聞を楽しみに生き、スポーツ新聞が多くの人に興奮を伝えられるように仕事に励んでいるつもり。趣味は野球、登山。独身。通称は多く、キナえもん、キナ郎、キナミの帝王など。

記者予想

一覧へ