記者予想

高木一成の ざわざわ馬券

プリモシーン前進必至/東京2R

 【東京2R】土曜日のサウジアラビアRCのステルヴィオは残念ながら2着だったが、今年の木村厩舎の2歳勢のラインアップはかなり豪華だ。その中でも、このレースで本命に推すプリモシーンは、母がオーストラリアのG1で4勝を挙げている血統で牧場での前評判も高かった馬。初戦は2着に敗れたが、馬群で我慢して直線で狭い馬群を割った場面では素質の片りんを見せた。ワンターンの東京でディープインパクト産駒らしい切れ味を発揮する。3連単(7)の1着固定で(10)(13)(8)(4)(11)(12)への30点。同じ目の馬連6点を押さえる。

 [2017年10月08日更新]

記者イラスト
高木一成
高木一成(たかぎ・かずあき)1973年(昭和48年)5月29日、東京都生まれ。11年4月から東京本紙担当。競馬だけでなく、競輪、ボート、オートレース、マージャンもすべて手を出す日刊のカイジ。収支はひみつ。好きな馬はデュランダル。

記者予想

一覧へ