記者予想

勝たせ屋・意地馬

キーグラウンドが反撃/門司S

 【小倉11R・門司S】◎キーグラウンドが巻き返す。前走は5着に敗れたが、昇級戦に加え、出遅れたことを考えれば、道中から上昇して掲示板を確保した内容は上々だった。中4週のローテはベストで、先週、今週と坂路で猛時計をマーク。間違いなく状態は前走以上で、クラスにも慣れ、発馬にかかわらずいい位置を取りやすい外枠なら勝ち負けになる。

 馬券は3連複フォーメーションで(14)-(6)(12)(7)-(6)(12)(7)(4)(9)(15)(16)への15点。

 [2018年02月11日更新]

記者イラスト
伊嶋健一郎
伊嶋健一郎(いじま・けんいちろう)1974年(昭和49年)11月27日、奈良県出身。97年の入社から競馬記者となり、いったんプロ野球へ異動して阪神、広島で計5年。担当チームは5年間ともBクラスで、競馬復帰時は勝負弱さを増して戻ってきたと揶揄(やゆ)される。09年には年間のコラム回収率が100%を超え、読者と上司の信頼を得て(?)10年秋から西日本の本紙予想担当。趣味は飲酒、カラオケ。口癖は「軽くやで」。体調が悪いと馬券がよく当たるうれしくない傾向にちょっと悩んでいる。

記者予想

一覧へ