ノンコノユメ前走みたいな乗り方で/フェブラリーS

 今週の日曜東京メインは今年最初のJRA・G1、フェブラリーS(ダート1600メートル、18日)が行われる。

 根岸Sをレコード勝ちしたノンコノユメ(せん6、加藤征)は、シャープな脚さばきで坂路を2本駆け上がった。

 加藤征師は「体の張りがすごくいい。前走みたいな乗り方がベスト。どんなに外に出しても、砂をかぶらなければ。1キロ軽くなるのも断然いい」と笑顔で話した。14日にウッドで内田騎手を背に単走で追い切る予定。

 [2018年02月13日 20時58分]

ニュース一覧

一覧へ