1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. エルコンドルパサーで凱旋門賞2着/二ノ宮師略歴

エルコンドルパサーで凱旋門賞2着/二ノ宮師略歴

14年12月、ショウナンアデラで阪神JFを制した、左から蛯名騎手、国本哲秀オーナー、二ノ宮師
14年12月、ショウナンアデラで阪神JFを制した、左から蛯名騎手、国本哲秀オーナー、二ノ宮師

 JRAの二ノ宮敬宇調教師(65)が今月末で引退することが13日、JRAから発表された。65歳の節目を期に、外から競馬を見たいとの思いから、勇退を決意。定年を前に競馬サークルを去ることになった。

 ◆二ノ宮敬宇(にのみや・よしたか)1952年(昭27)9月5日、神奈川県生まれ。東京農大卒業後、サラリーマンを経て78年に美浦・橋本輝厩舎で調教助手に。90年開業。99年エルコンドルパサーでフランスのサンクルー大賞を勝ち、海外G1制覇。続く凱旋門賞2着。JRA通算676勝(12日現在)。重賞30勝、G1はエルコンドルパサーのジャパンC、ナカヤマフェスタの宝塚記念、ディーマジェスティの皐月賞など6勝。14年3月に日本調教師会12代会長に就任、16年2月まで務めた。

 [2018年02月13日 11時00分]

ニュース一覧

一覧へ