1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. タマモワカサマ1年ぶりも能力でV/春麗ジャンプS

タマモワカサマ1年ぶりも能力でV/春麗ジャンプS

春麗ジャンプSを制したタマモワカサマ(撮影・柴田隆二)
春麗ジャンプSを制したタマモワカサマ(撮影・柴田隆二)

<春麗ジャンプS>◇12日=東京◇障害オープン◇直線ダート3100メートル◇4歳上◇出走14頭

 東京8R春麗ジャンプS(障害オープン、直線ダート3100メートル)は、1年ぶりのレースとなったタマモワカサマ(牡6、五十嵐)が直線で抜け出した。

 昨年2月のレース後に脚部不安のため休養。五十嵐師は「早めに厩舎に戻して調整していたけれど、それでも勝てたのは力がある証し」と評価した。平沢騎手も「休養明けで跳びがもうひとつ。能力で勝てた」と振り返った。次走は状態を見て決める。

 [2018年02月13日 07時41分 紙面から]

ニュース一覧

一覧へ