ディアドラ橋田師も納得の動き「動ける」/京都記念

 秋華賞馬ディアドラ(牝4、橋田)は坂路で最終調整。きびきびとした走りを見せた。「前走より背が高くなっている。多少ぼてっとして見えるけど動ける仕上がりだよ」と橋田師は納得の表情だ。

 秋華賞は京都内回りだが「長くいい脚を使えるし、本来は外回りの方がいいタイプ。強い牡馬を相手にどこまでやれるか見てみたい」と力が入る。

 [2018年02月10日 16時48分]

ニュース一覧

一覧へ