1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 京都 芝は内を走る先行馬が優位、ダートも先行勢

京都 芝は内を走る先行馬が優位、ダートも先行勢

 【京都・当日情報】10日の京都は、小雨でスタートした。1R時点で芝、ダートともに良。

 芝は、3歳未勝利の5R(1800メートル)は、1番人気のパンコミードが、3コーナーで先頭に立って押し切った。勝ち時計は1分49秒0。メインの洛陽Sも、内を走る先行馬が優位にレースを運べそうだ。

 ダートは、3歳未勝利の1R(1800メートル)は2番人気のエテルニテが2番手から抜け出した。勝ち時計は1分55秒1。同じく3歳未勝利の2R(1800メートル)は、1番人気のストーミーバローズが直線差し切った。勝ち時計は1分54秒5。同じく3歳未勝利の3R(1400メートル)は、7番人気のグランロックハートが逃げ切った。勝ち時計は1分26秒2。ダートは展開にもよるが、脚抜きが良くて先行勢が優位な状況だ。

 [2018年02月10日 12時51分]

ニュース一覧

一覧へ