1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. マキシマムドパリは道中の不利が響いて3着/愛知杯

マキシマムドパリは道中の不利が響いて3着/愛知杯

<愛知杯>◇13日=中京◇G3◇芝2000メートル◇4歳上牝◇出走18頭

 昨年覇者で1番人気のマキシマムドパリ(牝6、松元)は3着だった。

 1コーナーで両サイドからかぶせられ、位置取りが悪くなったことが響いた。「大きな不利があったけど、もう少しうまく誘導できていれば」と藤岡佑騎手も残念がった。

 順調なら次戦、3月10日の中山牝馬S(G3、芝1800メートル)が引退レースになる予定だ。

 [2018年01月13日 17時40分]

ニュース一覧

一覧へ