中京 芝は全体的に良好、ダートは先行勢が優位

 【中京・当日情報】13日の中京は、晴天でスタートした。1R時点で芝は良、ダートはやや重。

 芝は、3歳未勝利の7R(2200メートル)は、4番人気のドレークが、差し切った。勝ち時計は2分15秒7。開幕週で馬場状態は全体的に良好だ。メインの愛知杯もペース次第で先行馬、差し馬のどちらもチャンスがありそうだ。

 ダートは3歳未勝利の1R(1800メートル)は3番人気のグランデミノルが2番手から抜け出した。勝ち時計は1分54秒8。同じく3歳未勝利の2R(1900メートル)は、2番人気のクリノカポネが差し切った。勝ち時計は2分3秒9。同じく3歳未勝利の3R(1200メートル)は、1番人気のペルペトゥオが2番手から抜け出した。勝ち時計は1分12秒3。脚抜きが良く、先行勢が優位な状況だ。

 [2018年01月13日 13時38分]

ニュース一覧

一覧へ