ジュンサロマ遅生まれも時計水準以上で評価/新馬戦

<新馬戦情報>

 14日(日)中山ダート1800メートルに出走するジュンサロマ(牝、斎藤誠、父ゼンノロブロイ)は、ダートコースで好時計を出した。

 5ハロン66秒9、上がり38秒4-12秒6。3馬身追いかけてきたアイコンタクト(3歳未勝利)を、さらに突き放してゴール。斎藤誠師は「遅生まれ(6月3日)なので、成長を促しながらやってきたが、追うごとに時計を詰めている。この時期としては水準以上」と評価は高い。

 [2018年01月12日 08時13分 紙面から]

ニュース一覧

一覧へ