ウオッカ娘タニノアーバンシー動きシャープ/愛知杯

<愛知杯:追い切り>

 ウオッカの娘タニノアーバンシー(牝5、角居)が重賞に初挑戦する。

 木曜追いではCウッドでエルビッシュ(古馬500万)、バリオラージュ(同)と3頭併せ。バリオと併入、エルには1馬身遅れたものの、6ハロン85秒9-12秒4とシャープな動きを見せた。

 1600万昇級戦の前走は6着だったが「休み明けの分が出ました。いつも2走目以降は力を出してくれるので」と辻野助手。格上挑戦でも、牝馬同士でハンデ52キロなら期待大だ。

 [2018年01月11日 18時41分]

ニュース一覧

一覧へ