1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. ジェネラーレウーノ時計上々も物見癖を披露/京成杯

ジェネラーレウーノ時計上々も物見癖を披露/京成杯

<京成杯:追い切り>

 ジェネラーレウーノ(牡、矢野)は美浦ウッドで4ハロン52秒0-ラスト12秒7をマーク。

 上々の時計よりもその動きが異彩を放つ。向正面で6馬身前を走っていたグヴィアズダ(未勝利)を大きなフットワークで追走。コーナーで一気に差を詰めた。並ぶ間もなく抜き去る勢いだったが、直線を向いて急減速。スピードを緩め、最後は何とか半馬身だけ前に出てゴールを駆け抜けた。陣営がほれ込む能力とともに、陣営が懸念する物見癖を披露。追い切り後もケロッとした様子で馬場から引き上げてきた。

 見届けた矢野師は「状態はいいけど、心の遊びというか変な余裕があって、精神的なものがハテナマークです。不思議な馬。上のレベルで活躍できる馬だけど、馬たち相手に勝ち切るためにはこれではどうか」。気性面の改善が今後の課題になる。

 [2018年01月10日 17時55分]

ニュース一覧

一覧へ