1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 国枝師&戸崎、今週も3歳重賞取りへ参戦/京成杯

国枝師&戸崎、今週も3歳重賞取りへ参戦/京成杯

戸崎騎手とのコンビで京成杯制覇を狙うコズミックフォース
戸崎騎手とのコンビで京成杯制覇を狙うコズミックフォース

 8日のシンザン記念をアーモンドアイで制した国枝厩舎と戸崎圭太騎手(37)のコンビが、今週も3歳重賞を狙う。中山日曜メインの京成杯(G3、芝2000メートル、14日)にコズミックフォース(牡)が出走。1勝馬だが素質ある期待馬で、2週続けての重賞勝ちの可能性は十分にありそうだ。

 シンザン記念Vの翌朝、国枝師はコズミックフォースの動きを調教スタンドで見ていた。前日の京都で重賞勝ちの表彰に立っていたばかり。「おめでとうございます」と声をかけられても、笑顔で返すだけ。その目はすでに今週をにらんでいた。

 「状態は悪くないよ。順調に来ている。少しずつではあるけれど、しっかりとしてきたね」と、最終追い切りを翌日に控えた現状を語った。前走で未勝利を勝ったばかりの馬だが、大器の片りんはデビューの新馬戦でも見せていた。後方から届かず3着でも、上がりはメンバー最速の33秒2。「新馬戦の時は馬自身もまだよく分からないで走っていた感じだったし、我々も半信半疑のところがあった」と振り返る。

 前走は初戦と違ってスタートを決め、好位から快勝。高い素質を再確認すると、3戦目に重賞の舞台を選んだ。戸崎騎手はテン乗りになるが、国枝師は「外国人騎手がいなければ大丈夫だろう」と冗談めかして笑った。年明け重賞3連勝と絶好調の鞍上に寄せる信頼は揺るぎない。「前走のような走りができれば、中山でも大丈夫」。混戦の京成杯で一発を狙っている。【三上広隆】

 [2018年01月10日 08時48分 紙面から]

ニュース一覧

一覧へ