1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 馬主も史上初の3日連続重賞Vに驚き/シンザン記念

馬主も史上初の3日連続重賞Vに驚き/シンザン記念

シンザン記念を制したアーモンドアイ
シンザン記念を制したアーモンドアイ

<シンザン記念>◇8日=京都◇G3◇芝1600メートル◇3歳◇出走11頭

 1番人気アーモンドアイ(牝3、国枝)が登竜門を制した。後方から段違いの豪脚で大外一気を決めた。

 アーモンドアイを所有する(有)シルクレーシングは、馬主として史上初となる3日連続のJRA重賞制覇となった。6日の中山金杯(セダブリランテス)、7日のフェアリーS(プリモシーン)に続く今年の重賞3勝目。米本昌史代表(42)は「信じられない気持ち。出来すぎですね」と目を丸くさせた。アーモンドの勝ちっぷりには「めちゃくちゃ強かった。国枝先生がずっとホレこんでいた馬。春が楽しみです」と期待した。

 [2018年01月09日 07時47分 紙面から]

ニュース一覧

一覧へ